帆友会関東支部ホームページ
‐行事報告‐

●令和6年度 帆友会関東支部総会実施報告

昨年(2023)6月に、新型コロナウィルス禍で丸3年開催されていなかった帆友会関東支部総会が4年振りに復活しましたが、 今年(2024)も6月8日(土)15時〜17時にお馴染みの恵比寿ガーデンプレイス内の「恵比寿ガーデンカフェ」において 帆友会関東支部総会が開催されました。

当日の出席者は村上順雄先輩(S31卒)をはじめ総勢23名の開催でしたが、 今年は平成20年代卒以降の若手OB・OGの出席者が2名と少なく来年に向けて反省の多い会となりました。

本部からは高橋神風監督がお仕事の都合で急遽欠席となり、前田将太郎新主将が一人で責任重大な来賓としてご出席いただきました。

会の中で、前田新主将からヨット部の現況報告を頂きましたが、今年は新入生が26名も入部して、 ヨット部全体では選手32名、マネージャー26名、合計58名の大所帯で活動しているとの報告を受けて、 先輩諸氏から多くの質問が飛び、大いに盛り上がりました。

また、急遽ご欠席となった高橋神風監督からは、今年度に対する抱負について報告原稿が届いておりまして、 神風監督の同期(H28)の森俊介さんから代わりに発表していただきました。

懇親の合間に、西義久さん(S61卒)から『アルバトロス号の活動について』の報告をいただきましたが、 今年も現役応援のためのフラッグシップ艇としての活躍が大いに期待されます。

今年は9月(20〜23)に葉山で女子インカレが、11月(10/30〜11/4)に江の島で全日本インカレが各々開催予定されていますので、 今回の支部総会は関東支部として現役の応援に一段と力を入れて行くことを確認する良い決起集会となりました。

支部総会出席者は下記の通りです。

〔招待者〕(敬称略)
監督:高橋神風、 主将:前田将太郎

〔出席者〕(敬称略)
S31・村上順雄、S36・篠原浩一郎、S37・林陽一郎、S38・國弘征郎、S40・吉松幸敏、 S41・中倉敏行、須田秀樹、堀内康之、倉成洋三、S42・小宮紀史、S47・横田雅信、 S49・小宮幸洋、S59・佐々木誠一、岸田豊、S60・堺公明、S61・木戸睦雄、西義久、 H10・鈴木浩介、上田真由美、H27・村上広司、H28・森俊介

○欠席者からの近況報告(抜粋)

小宮支部長ご挨拶
小宮支部長ご挨拶

村上先輩乾杯ご挨拶
村上先輩乾杯ご挨拶

前田主将ご挨拶
前田主将ご挨拶

森俊介氏の監督報告代行
森俊介氏の監督報告代行

出席者全員集合写真
出席者全員集合写真

出席者全員集合写真
出席者全員集合写真

●2024年3月帆友会関東支部幹事会開催報告

  1. 開催日時:2024.2.22(木)〜3.3(日)
  2. 開催場所:新型コロナウィルス・インフルエンザ流行の影響によりメール会議で開催
  3. 出席者:下記10名(敬称略)
    小宮紀史(S42)、中倉敏行(S41)、横田雅信(S47)、小宮幸洋(S49)、 佐々木誠一(S59)、木戸睦雄(S61)、西義久(S61)、上田真由美(H10)、 鈴木浩介(H10)、森俊介(H28)
  4. 議事:2024年度関東支部活動計画他
    • 2024年度関東支部総会については下記を予定
      • 開催日時:2024.6.8(土) 15:00〜17:00
      • 開催場所:恵比寿ガーデンプレイスタワー3F 「恵比寿ガーデンカフェ」(仮予約済)
      • 会費:8,000円(ヨット部卒業10年までの若手会員は5,000円) (ガーデンカフェへの支払総額 20万円以上がマストにつき40名以上の参加を目指したい)
      • その他:本部より昨年同様の来賓をお願いするかどうか協議
        新主将の抱負や現役の活動状況等を紹介するツールを現役と別途相談する
    • 新人歓迎会開催について
      • 開催日時:4月以降の適当な時期
      • 開催場所:未定(幹事に一任)
      • 幹事:森俊介さん(H28卒)
      • その他:関東支部より 50,000円を補助する予定
    • ゴルフ大会開催について
      • 開催日時:春は中止、秋の開催は日程未定
      • 開催場所:市原ゴルフクラブ
      • 幹事:小宮支部長
      • その他:関東支部より各回20,000円を補助する予定
    • 2024年相模湾クルージング開催について
      • 開催日時:7〜9月の都合の良い日程を別途検討
      • 開催場所:葉山港
      • 幹事:中倉さん、西さん
      • 予算:関東支部より30,000円を補助する予定
      • 開催方法:時期が近づいたところで別途協議予定
    • 2024年全日本A級ディンギー選手権参加者への支援
      • 開催日時:2024年6/29(土)〜7/1(月)
      • 開催場所:葉山新港
      • 支援内容:時期が近づいたところで別途協議予定
      • その他:関東支部より支援金30,000円を予定
    • 2024年現役への応援(その1)→全日本女子インカレ(葉山)
      • 開催日時:2024年9/20(金)〜23(月)
      • 開催場所:葉山新港
      • 支援内容:激励会開催と現地での応援体制を別途協議予定
    • 2024年現役への応援(その2)→全日本インカレ(江の島)
      • 開催日時:2024年10/30(水)〜11/4(月)
      • 開催場所:江の島ヨットハーバー 
      • 支援内容:激励会開催と現地での応援体制を別途協議予定
    • その他
      • 2024.4.6(土)の帆友会総会(福岡)は集合してのリアル総会とリモート会議のハイブリッド方式で 開催予定につき、支部長・幹事長で対応を予定
      • 帆友会本部より例年通り関東支部支援金10万円はご支援いただく予定

●2023年全日本女子インカレ応援報告

                          報告:木戸睦雄(S61)

9月22日(金)〜25日(月)にかけて行われました第31回全日本学生女子ヨット選手権大会 (全日本女子インカレ)(於:葉山港沖)に、九州大学ヨット部から 国際470級1艇(伊藤舞梨(2年)/泉幸来(2年))、国際スナイプ級1艇(西本かなで(4年)/坪内琴乃(2年))が 出場しました。

九大ヨット部の全日本女子インカレ出場は2019年(蒲郡開催)以来、4年ぶりでした。
帆友会関東支部といたしまして、9月22日〜24日に以下のとおり、支援・応援等を行いましたので、報告いたします。

9月22日は関東支部を代表して、佐々木誠一幹事長(S59)が現役部員に対して、差し入れを行いました。

9月23日のレース初日には、アルバトロス艇で海上より、応援を行いました。
今大会では、観覧艇等はスタート準備信号後はレースエリアから常に150メートル以上 離れた海面にいなければならなかったため、遠くからの応援となりました。

9月24日のレース2日目は、朝から強風が続き、D旗掲揚がなかなかなされず、 陸上待機が続いたものの多くの帆友会会員のOB・OGが葉山港に訪れました。
結局、D旗掲揚は13時すぎとなりましたが、その時点での応援艇乗艇希望者がいなかったため アルバトロス艇は出艇せず、陸上から選手の出艇を見送りました。

9月23日、9月24日の来訪者はそれぞれ次のとおりです。
9月23日来訪者(順不同、敬称略)
篠原浩一郎(S36)、小宮紀史(S42)、横田雅信(S47)、西義久(S61)、
木戸睦雄(S61)、原田二千夏(R5)
9月24日来訪者(順不同、敬称略)
中倉敏行(S41)、横田雅信(S47)、木戸睦雄(S61)、三宮正裕(H17)、
森俊介(H28)、森(旧姓:西口)紗生(H30)、山達矢(H30)、小田野乃花(H31)、
近藤(旧姓:渡邊)由紀乃(R2)、足立拓馬(R4)

【ご参考】全日本女子インカレ最終成績
≪国際470級≫ 参加艇数:37艇・31校
伊藤舞梨(2年)/泉幸来(2年) 23位
≪国際スナイプ級≫ 参加艇数:36艇・31校
西本かなで(4年)/坪内琴乃(2年) 15位
≪総合成績≫19校
12位 九州大学


9月23日応援写真
応援写真

応援写真

応援写真

9月24日応援写真
応援写真

応援写真

応援写真

応援写真

●2023 七大戦(葉山)応援実施報告

2023年の七大戦がR5.7.15(土)〜17(月)に東京大学主管のもと葉山港で開催されました。

九州大学ヨット部からは470級・スナイプ級の両クラス出場し、現役部員総勢約30名が葉山入りし、 三日間の熱い戦いを展開しました。

帆友会関東支部では現役部員への応援として、7/16(日)〜17(月)に観覧艇としてアルバトロス号を出動し、 関東支部のOB・OGや現役支援部隊を乗せて、レース海面に向け出艇し多くの応援者の声援が 現役部員に届くようにいたしました。

7/15(土)に予定されていました七海杯(OB戦)には、永野俊輔・近藤瞭(R2)の超若手OBコンビで 参戦する予定でしたが、残念ながら強風により中止となりました。
その後に開催された懇親会に於いては佐々木(S59)・木戸(S61)・現役西本主将が参加し、 他大学と情報交換を行い、懇親を深めることができました。

7/16(日)〜17(月)の七大戦本戦では、最終的に九州大学ヨット部は、470級2位、スナイプ級4位、 総合4位となり、昨年で途絶えた連覇への復活の第一歩とはなりませんでしたが、 新型コロナの影響を受けたこの3年間に大学ヨット部の勢力図も大きく変わってきていることを 改めて実感する良い機会となりました。

現役諸君には今回の敗戦の悔しさをバネにして全日本インカレに向けて頑張っていただきたいと思います。

今回ご尽力いただいた皆様に改めて厚く御礼申し上げます。

今回の応援参加者は下記の通りです。

尚、岡部幸司会長(S57)はプロテスト委員長として期間中フル参加されております。

【7/16 応援参加者】(順不同・敬称略)
中倉敏行(S41)、小宮紀史(S42)、横田雅信(S47)、小宮幸洋(S49)、佐々木誠一(S59)、木戸睦雄(S61)、
西義久(S61)、永野俊輔(R02)、三上雄大(R02)、三上瞳(R02)、岩原桃子(R02)、足立拓馬(R04)、
佐藤拓海(R04)、山下龍司(R05)、川野七海(R05)、奥田祐大(R05)、原田二千夏(R05)

【7/17 応援参加者】(順不同・敬称略)
横田雅信(S47)、佐々木誠一(S59)、木戸睦雄(S61)、西義久(S61)、三宮正裕(H17)、
永野俊輔(R02)、足立拓馬(R04)、佐藤拓海(R04)

応援写真1
応援写真1

応援写真2
応援写真2

応援写真3
応援写真3

応援写真4
応援写真4


このページへの御意見等は、ホームページ担当のまでお寄せ下さい。